ホーム > 仕事の紹介 > 警務警察

仕事の紹介(警務警察)

MISSION

広報、会計、人事、企画、福利厚生、文書管理、被害者支援等の業務で第一線の警察活動を様々な面からサポートするのが警務警察。表舞台に立つことは少ないが、この部門なしでは、すべての警察活動は成り立たない「縁の下の力持ち」的存在。学生の皆さんの採用も警務警察の大切な仕事のひとつ。

広報

広報

県警ホームページの運用のほか、メディア・報道機関への連絡・調整、情報公開等を行っています。また、県民の皆さんとの「音の架け橋」として警察音楽隊の運用も行い、警察活動に対する理解と協力を高め、コミュニケーションを深めていく役割を担っています。
装備

装備

現場で活動する警察官が、犯人の逮捕、被害者の救助等様々な警察活動に有効活用できる装備品の導入、開発等を行い、各種警察活動を装備資機材を通じてバックアップします。また、重大事件や災害の発生時、皇族・要人の警衛・警護の際には、必要な装備品を準備するとともに、現場支援のために出動します。
会計・厚生

会計・厚生

警察活動を円滑に進めるために必要な予算の編成、各種契約、物品の調達のほか、予算執行の監査業務を行っています。
また、職員が安心して仕事に専念できるように、生涯設計や健康管理に関わる、生きがい・健康・各種保険等の福利厚生事業の施策を行っています。

VOICE OF FRONTLINE

人と人とのつながりや温かさ、これこそ警察官が最も大切にしていくべきことだと思います。

人と人とのつながりや温かさ、これこそ警察官が最も大切にしていくべきことだと思います。
プロフィール

中村佳史

YOSHIFUMI NAKAMURA

警務部警務課

1997年採用


プロフィール


現在の仕事の内容を教えてください。

長野県警察の運営重点や業務の合理化・効率化等に関する施策、知事部局に関する施策等の企画・立案・調整といった業務を担当しています。書類作成や資料の収集などデスクワークが中心で、パトロールや犯罪の予防・捜査、交通の取締り等を行う警察官とは違い、普段は現場に出て捜査等をすることはありません。第一線で活動する警察官や警察職員が円滑に業務を行えるようにサポートをする、いわゆる「縁の下の力持ち」的な仕事をしています。

現在の仕事を目指したきっかけ、動機等を教えてください。

小学生のころに見た、テレビドラマで活躍する刑事に憧れ、この刑事のように困っている人を助け、悪人を捕まえたいと思ったことがきっかけです。

「やりがい」「喜び」を感じるのはどんな時でしょうか?

私は、警察官が業務を推進する上で目標、基準とすべき事項の策定に携わることが多くあります。県警の目標や基準等になることの策定ですから、大きな責任を感じますし、関係所属等への策定作業依頼や意見のとりまとめ、調整、資料の作成等大変な事も多くありますが、これが完成した時には、大きな達成感を味わうことができます。

逆に辛い時もあるかと思いますが・・・。

県警の目標や基準になることの策定段階では、多くの苦労もあります。このような時には自分のやっていることは「県民の方の安全・安心な暮らし」につながると自分自身に活を入れて頑張るようにしていましたし、上司や同僚等が、相談にのってくれたり、アドバイスをしてくれたので、大変な仕事でも乗り越えることができました。また、休日は、自宅で日曜大工をしたり、家族と犬の散歩をするなどしてストレスを発散し、次の仕事への鋭気を養っています。

今後の課題、目標、展望を教えてください。

警察の力や助けを必要とされている方はまだまだおられますし、今後も助けを必要とされる方は増え、その内容も多様化していくのではないかと感じています。ですから、この様に困っている方、悩んでいる方が相談をしやすい警察でなければならないと思いますし、様々な要望等に応えるためにも、今まで以上に知識や技能等を身につける必要があると思っています。今後は、困っている方が安心して警察に相談をすることができるよう、信頼と協力を得られる様な人間性を養い、また、要望にしっかりと応えることができる知識や技能といった力を磨いていきたいと思っています。

警察官を志望する学生に一言お願いします。

警察には、大変な仕事や危険な仕事、一人の力では成し遂げられない仕事が数多くありますし、成し遂げられないということが許されないこともあります。これらの困難な仕事をする際には組織で対応し、上司や同僚等が力を貸してくれます。逆に困難に立ち向かっている同僚がいれば力を貸して、一緒に困難を乗り越えています。この様に、お互いを助け合い、力を合わせて困難を乗り越え目的を達成するところが警察の良いところだと思いますし、私の好きなところです。

PROFILE

中村佳史 YOSHIFUMI NAKAMURA

2009年/7月 出向(関東信越国税局調査査察部)
2011年/7月 刑事部 捜査第二課
2012年/3月 松本警察署 刑事第二課
2014年/3月 刑事部 捜査第二課
2015年/3月 警務部 警務課企画調整室
    ※キャリアは直近10年のものです

自分の長所
温和
自分の短所
心配性
座右の銘
「努力は裏切らない」
仕事のポリシー
自分がこうだと決めたら妥協しない
趣味・特技
スキー、ゴルフ
休日の過ごし方
日曜大工、家族団らん

中村の「ある1日」

6:00
起床、朝食を摂りながら新聞をチェック
7:30
出勤、自転車で30分かけて出勤
8:00
部署着、メールチェック、業務の準備
8:30
業務開始
10:00
書類、資料作成
12:15
昼食
13:00
会議出席
14:00
打ち合わせ
15:00
書類、資料作成
19:00
帰宅、近所の温泉でリフレッシュ

ページトップへ