ホーム > 仕事の紹介 > 生活安全警察

仕事の紹介(生活安全警察)

MISSION

「ゴミから原子力まで」といわれるほど幅広い活動範囲をもつのが生活安全警察。少年犯罪、悪質商法、サイバー犯罪、環境犯罪等の事件捜査、少年の非行防止やストーカー、DV(ドメスティック・バイオレンス)等の警察安全相談。風俗営業・銃砲刀剣類等の許認可業務等その業務は多岐にわたる。また、犯罪発生を未然に防止するべく、地域住民と一体の防犯活動や、パトロール活動を行うことも重要な任務のひとつ。

安全・安心なまちづくり

安全・安心なまちづくり

犯罪情報や防犯対策情報をメールにより発信し、防犯ボランティア団体の活動を支援するほか、違法風俗店、客引きに対する取締りの強化や関係機関と連携した立入調査、取締りにより、安全・安心なまちづくりを推奨しています。
子どもの安全対策

子どもの安全対策

子どもが被害者となる事件を未然に防止するため、学校周辺、通学路の安全対策、被害防止、防犯指導、情報発信活動の推進等をします。
鉄砲特許認可事務

銃砲等許認可事務

猟銃の所持、質屋・古物営業、風俗営業、警備業、探偵業等に関わる許認可業務等を行います。

生活安全相談(ストーカー・DV対策)

生活安全相談(ストーカー・DV対策) 悪質商法、契約・取引に係わるトラブル、ストーカー、配偶者暴力等の様々な相談に対応します。刑罰法令に抵触する事案を検挙することはもとより、抵触しない事案であっても必要に応じて指導・警告を行い、被害の未然防止を図ります。

少年非行防止対策と少年事件の捜査

少年非行防止対策と少年事件の捜査 少年や保護者からの相談に応じる少年相談活動や少年の街頭補導活動のほか、学校や児童相談所等と緊密に連携して、総合的な少年非行防止対策を行っています。
また、少年による事件については、少年の特性や少年審判の特質を踏まえた捜査を行っています。

サイバー犯罪、環境事犯、ヤミ金融事犯、知的財産権侵害事犯等

サイバー犯罪、環境事犯、ヤミ金融事犯、知的財産権侵害事犯等 情報通信ネットワークを利用して敢行されるサイバー犯罪、廃棄物の不法投棄による環境を破壊する事犯、出資法違反(高金利)事件や貸金業法違反事件等のヤミ金事犯、偽ブランド品の販売等に係わる知的財産権侵害事犯等の捜査をします。

VOICE OF FRONTLINE

日々、刻々と手口を変えるサイバー犯罪に専門チームで立ち向かっています。

日々、刻々と手口を変えるサイバー犯罪に専門チームで立ち向かっています。
プロフィール

沓掛 優

MASARU KUTSUKAKE

生活環境課
サイバー犯罪対策室

2005年採用


プロフィール


志望の動機・現在の仕事の内容を教えてください。

自分の能力を生かしつつ、人や社会の役に立つ仕事をしたいと考え、警察官は公務員の中でも、誰もができる仕事ではないと思い、志望しました。
現在はインターネットを利用した犯罪の捜査や、犯罪に使用されたパソコンやスマートフォン等の解析をしています。これまでに、インターネットを利用したクレジットカードの不正利用事件や他人のメールを覗き見した事件等の捜査を担当しました。

「やりがい」「喜び」を感じるのはどんな時でしょうか?

仕事の紹介(生活安全部門) 警察には、「インターネットショッピングで商品を注文したが届かない。」とか、「インターネット掲示板で誹謗中傷されて困っている。」といった相談が寄せられています。街中にあるお店で商品を買った場合は、お店に直接苦情を言うこともできますが、インターネッショッピングの場合、連絡先が分からなかったり、あるいは連絡先自体がない場合が多いため、自力での解決が難しいのが実情です。
そのような相談が犯罪に関わる場合「個人では捜し出すことのできない犯人を特定して、事件を解決する。」ということができるのは警察官しかいませんので、そういった捜査に従事している時がやりがいを感じる時です。

逆に辛い時もあるかと思いますが・・・。

警察官には転勤が付き物で、新しい職場や仕事に適応するまでは時間がかかります。ですが、上司・先輩・同僚の助けがあり、これまで困難な局面も乗り越えることができました。

今後の課題、目標、展望を教えてください。

私は元々、パソコンや情報技術に関する専門的知識は全くなかったので、現在の部署に配置されて以降、基礎から勉強しています。
今後は、より専門的な知識を身に付けて、一人でも多く、悪質な犯罪を繰り返す犯人を検挙したいと思っています。

警察官を志望する学生に一言お願いします。

皆さんが考えている以上に、警察官の仕事の領域は幅広いです。それがどんなものであれ自分の持っている得意分野が生かせる仕事が必ずあります。ちなみに私は警察官を志望する前はサービス業を志望していましたが、今の仕事を選択して本当に良かったと感じています。

PROFILE

沓掛 優 MASARU KUTSUKAKE

2009年/3月 諏訪警察署 生活安全課
2011年/3月 松本警察署 島立交番
2013年/9月 松本警察署 生活安全第二課
2017年/3月 生活安全部 生活環境課サイバー犯罪対策室

自分の長所
落ち着いている
自分の短所
自分に甘い
座右の銘
「自他共栄」
仕事のポリシー
新しい分野に挑戦する
趣味・特技
登山、キャンプ
休日の過ごし方
家族と出掛ける

沓掛の「ある」1日

6:15
起床、朝のニュースは必ずチェックする
7:10
通勤
7:40
部署着、掃除等始業の準備
9:00
事件捜査(解析)またはサイバーパトロール
12:15
昼食
13:00
県内の各警察署へ(捜査応援)
16:00
相談等受理、迷惑メールの苦情相談に乗る
18:30
退勤

ページトップへ