ホーム > 仕事の紹介 > 刑事警察

仕事の紹介(刑事警察)

MISSION

近年増加の一途をたどる、強盗・殺人等の凶悪犯罪、より巧妙に、ハイテク化する暴力団や組織犯罪等、人々の安全な暮らしに忍び寄る様々な脅威に、最前線で、全力で立ち向かう。張り込みや聞き込み等の地道な捜査活動のほか、証拠資料の収集・分析に当たる現場鑑識活動、最新の鑑定技術を活用した科学捜査も刑事部門の仕事。映画やドラマで目にする派手なアクションではなく、豊富な知識・技能と経験、最新の科学技術と熱い気持ちで犯人を検挙し、悪に立ち向かう。

強行犯捜査

強行犯捜査

殺人、強盗、放火等の凶悪事件の捜査をします。
知能犯捜査

知能犯捜査

「振り込め詐欺」をはじめとする詐欺事件や政治、行政、経済をめぐる不正を追及する贈収賄事件、各種選挙違反取締まり等の捜査をします。
盗犯捜査

盗犯捜査

ひったくり、自動車盗、空き巣等、県民に一番身近な犯罪である窃盗事件の捜査をします。

組織犯罪対策

組織犯罪対策

暴力団による犯罪、覚せい剤、大麻等の薬物事犯や拳銃等の銃器事犯の取締り、来日外国人による犯罪の捜査をします。
機動隊

機動捜査隊

殺人、強盗等の事件現場にいち早く急行して、犯人の検挙、追跡、事件の手配等の初動捜査を行うほか、広域にわたる重要事件の捜査や連続発生している犯罪の捜査等を行っています。
鑑識・科研

鑑識・科学捜査

様々な事件現場において、犯人に結びつく指紋や足跡、あるいはDNA型鑑定の資料となる血液や毛髪等を採取。鑑定して、犯人を特定するとともに犯行を立証する活動をします。

VOICE OF FRONTLINE

「刑事は負けてはいけない」決して悪には屈しません。

「刑事は負けてはいけない」決して悪には屈しません。
プロフィール

金井理恵

RIE KANAI

諏訪警察署 刑事課

2012年採用

プロフィール


現在の仕事の内容を教えてください。

現在は、刑事課刑事第一係の刑事として、強盗、傷害等の強行犯事件や、空き巣等の盗犯事件の捜査をしています。
被害者の無念の思いを晴らすことができるのは、警察、とりわけ刑事がやらなければなりません。また、一つとして同じ事件はありません。ですから刑事課員全員が被害者の為に一丸となって捜査を行い、被疑者逮捕に全力を注ぎます。
刑事課というと、ドラマのようにスマートなイメージがあるかもしれませんが、地道な捜査を積み重ねて被疑者を逮捕する。絶対にあきらめない熱意が大切なんです。

現在の仕事を目指したきっかけ、動機等を教えてください。

私が警察官を目指したのは、東日本大震災があったことがきっかけでした。震災当時は大学生だったのですが、何も出来ず、ただただニュースを見ていることしかできない自分がとても不甲斐なく感じたのです。昔から、「人の役に立つ仕事がしたい。」「人を支えられる人になりたい。」という気持ちが強かったことから、このとき警察官になろうと決めました。

「やりがい」「喜び」を感じるのはどんな時でしょうか?

仕事の紹介(刑事部門)  今までで一番嬉しかったのは、被害者やその関係者の方に笑顔で「会えて良かった」「お世話になりました」と言ってもらえたときです。
被害者の方は警察から話を聞かれると被害当時のことを思い出してしまいます。警察官とは、関わりがない方がいいと考える人も大勢います。そんな中でも、「会えて良かった」と感謝されたとき、本当に嬉しかったです。
刑事として捜査を進めるたび、言葉には、こんなにも大きな力があるんだと感じます。そして、元気な姿や笑った顔が見れたとき、他には変えようのない、やりがいを感じることが出来ます。

逆に辛い時もあるかと思いますが・・・。

私たち刑事は、被害者のために仕事をしています。ですから、捜査がなかなか進展しないときは、自分の無力さを痛感させられますし、被害者の方々の気持ちを思うと、気持ちばかりが先走ってしまいます。そんなとき、「金井刑事にしかできない捜査がある」と、上司から言われたことがあります。私は、一人で捜査をしているわけではありません。他の捜査員もみな同じ気持ちです。捜査員が一丸となって、一つ一つ捜査を積み重ねるからこそ、被疑者を逮捕することができるのです。

今後の課題、目標、展望を教えてください。

仕事に対する課題は山ほどあります。その課題から、逃げてはいけません。課題に正面から向き合い、克服していかなければ、警察官として刑事として成長することはできません。
だから、私は、何事も積極的に取り組む。フットワーク軽く動く。周りを見て動く。常に意識をするようにしています。
刑事としてたくさん経験を積み重ねて、「頼られる刑事」になれるように、突き進んでいきたいと思います。

警察官を志望する学生に一言お願いします。

警察官は、心の温かい人たちばかりです。長野県警察という組織でひとつの事件に向き合います。だから、いつもそばには仲間がいてくれます。それって、とても心強いことですよね。日本一安全安心な長野県を目指す、という信念の元に、長野県警察の警察官全員が力を合わせて立ち向かうことを、とても誇りに思います。

PROFILE

金井理恵 RIE KANAI

2012年/9月 上田警察署 上田駅前交番
2014年/4月 刑事部 捜査第一課
2016年/4月 諏訪警察署 刑事課

自分の長所
何でも積極的に取り組むところ
自分の短所
考えすぎてしまうこと
座右の銘
「一日一笑、勇往邁進」
仕事のポリシー
何でも挑戦すること。やり抜くこと。
趣味・特技
映画鑑賞、スポーツ観戦
休日の過ごし方
ドライブ、女子会(飲み会)

金井の「ある」1日

6:00
起床、朝はギリギリまで寝ていたいタイプ
7:00
出勤、慌ただしく準備して出発
7:30
部署着、さぁ、今日も一日頑張ろう!
8:30
事件処理、窃盗事件の調書及び報告書作成
10:00
窃盗事件発生、現場臨場し、各種捜査に従事
12:15
何もなければゆっくり昼食
13:00
事件処理、各種事件の報告書作成
20:00
退勤

ページトップへ