ホーム > 先輩メッセージ > 先輩メッセージ(詳細)

長野県警察RSからのメッセージ

所属松本警察署

sen0414-1.jpg

警察官という仕事は、大変です。
私も働き始めたばかりで、この仕事について詳しく分かっていない部分もありますが、大変な中にも、たくさんのやりがいがあります。
警察官の仕事は、未知なこと、まだ出来ないことが多くありますが、それを出来るようにしたい、という気持ちが日々湧き上がってきて楽しいです。
「警察官の仕事は難しそうだな」「大変そうだな」と思って諦める前に、「人の役に立ちたい」という気持ちがあるのであれば、是非、警察官も視野に入れて就職活動を進めてみてください。

出身大学清泉女学院大学
出身学部人間学部
卒業年平成27年卒

警察官を志した動機

警察官を志したきっかけは、小学校の交通安全教室に来た警察官がとても格好良かったからです。
その頃から、「警察官っていいな」と思っていましたが、本格的に警察官を目指したのは、大学3年生の頃です。
大学で様々なボランティアやアルバイト等の経験で、多くの人と出会う中で、人の為に何かしたい、役に立ちたいという気持ちが強くなり、警察官になろうと決めました。

警察学校の様子・思い出

警察学校での生活は、今思えば、良い思い出です。
入校中は、体力面も精神面も苦しく、何度も辞めたいと思いました。
ですが、自分の「警察官として働きたい」という想いと、同期の支えがあり、無事に乗り越えられました。
定期試験前の苦しみ、登山訓練、暑中稽古、研修旅行、日々の術科訓練等々、全てが大切な思い出となっています。
sen0414-2.jpg

現在の仕事について

現在は、交番勤務をしています。
平成27年9月に配属したばかりで、毎日が学びです。
交番のお巡りさんは、道案内から始まり、交通事故の処理、巡回連絡、県下の現場、空き巣の現場、交通指導取締り等々、あらゆる事件事故に対応します。
交番のお巡りさんは、まるで何でも屋さんです。
だからこそ、市民の皆さんとの距離も近く、市民の皆さんとの関わり合いから、やりがいを感じ、毎日が充実しています。

仕事の魅力・やりがい

交番勤務は通報や届出があれば、すぐ現場に行かなければならないという点で、大変さもあります。
ですが、市民の皆さんの要望、不安に対応し、安心した顔・喜んだ顔を見ることができたときは、「頑張ってよかったな」「警察官になれてよかったな」と思います。
また、交番勤務員には自分が担当する地域があります。
そこに住んでいる市民の皆さんとお話をして、街の状況を知ったり、街をよりよくするために仕事をするのも、やりがいの1つです。

一覧に戻る

先輩メッセージ

  • 警察官等の採用に関するお問合せは0120-314-031
  • 募集案内パンフレットダウンロード
  • 動画で見る長野県警察
  • リクナビ 長野県警察採用ページ
  • 採用説明会 説明会開催日時のご紹介
  • 人事担当者ブログ 人事担当者のメッセージ
  • 県警かわら版 長野県警察の行事
  • 長野県人事委員会
  • 警察庁採用案内