ホーム > Q&A(勤務制度)

Q&A > 勤務制度

勤務地や転勤はどのようになっていますか?

勤務地は長野県内の警察署(22署)、交番、駐在所又は警察本部(長野市他)です。
転勤(人事異動)は定期的にありますが、自宅から通えない場合でも、各地に独身寮又は職員宿舎を完備していますので心配はありません。また、毎年12月に全職員に対して配置の希望調査を実施し、転勤(人事異動)に反映させています。

昇任制度はどのようになっていますか?

警察官の昇任は年齢や学歴に関係なく公平な競争試験によって行われます。警察職員の昇任は、公平な選考により行われます。
公平で実力本位の昇任制度が確立されており、本人の努力次第で長野県警察の重要なポストに就くことができます。

☆警察官昇任試験の受験資格年数
▼巡査部長
大卒:2年 短大卒:4年 高卒:5年

▼警部補
大卒:2年 短大卒:3年 高卒:4年

▼警部
大卒:4年 短大卒:4年 高卒:4年

勤務時間はどのようになっていますか?

警察職員の勤務形態は、通常勤務、毎日勤務、交替制勤務があり、いずれも週休2日制で勤務時間は週40時間です。

▼通常勤務
月曜日〜金曜日の8:30〜17:15で、週休日は土日です。
▼毎日勤務
原則として月曜日〜金曜日の8:30〜17:15までの勤務ですが、週休日は土日とは限りません。
(注:毎日勤務とは、週休日の曜日の決めのない週休2日制です。)
▼交替制勤務
当番−非番−週休(又は日勤)を繰り返す三交替制で、当番日の勤務時間は8:30〜翌8:30です。勤務終了後は非番となります。

休暇はどのようになっていますか?

年次休暇(有給休暇)は年間20日間(採用1年目は15日)あり、2年目からは繰り越すことができます。(最大40日)
この他病気、けが、妊娠などの場合の療養休暇(最大180日)や特別休暇(夏季休暇、結婚休暇、忌引き等=規則に定められた範囲内で必要な日数)があります。

産休や育児休業はとることができますか?

出産予定日の前後8週間は産前産後休暇をとることができます。その後、子供が3歳に達する日の前日まで育児休業をとることができます。

福利厚生はどのようになっていますか?

警察職員は、警察共済組合の組合員となり、民間企業の健康保険・厚生年金制度に相当する共済組合制度の対象となります。
また、物資の斡旋、貸付制度(一般、医療、住宅等)、各種祝金(結婚、出産)、見舞金、弔慰金等の給付制度や自己啓発活動に対する助成制度等充実しています。
さらに、充実した余暇を過ごせるよう、気軽に利用できる保養施設があるほか、会員制スポーツジム、ゴルフ場とも契約しています。また、福利厚生の専門代行業者と提携し、職員の福利厚生の充実を図っています。

警察職員の健康管理はどのようになっていますか?

定期的に人間ドック(補助金制度あり)や定期健康診断を実施し、職員の健康チェックを行っています。

給与やボーナスはどれくらい支給されますか?

給与は採用(警察官は警察学校に入校)された月から支給されます。期末手当・勤勉手当(いわゆるボーナス)も支給されます。支給額は、基本給の4.5ヶ月分(採用された年度は、4月採用の場合で約2.995ヶ月分)です。
このほか、条件により、扶養(家族)・住居・通勤・単身赴任手当、特殊勤務手当、超過勤務(残業)手当などの各種手当が支給されます。

☆初任給(初任給は条例により変わる場合があります。)
▼警察官
大卒:約213,100円 短大卒:約195,600円 高卒:約179,600円

▼警察事務職員
大卒:約186,300円 短大卒:約162,500円 高卒:約151,000円

※全て平成27年4月1日現在で、地域手当を加えた額です。
※経歴に応じて、一定の基準で加算されます。

ページトップへ