ホーム > 警察学校 > 警察学校の四季

警察学校の行事

警察学校の行事

入校

入校 入校
警察学校へは、入校式の約1週間前に入校します。入校するとまず、制服、制帽などの装備品の支給が行われ、学生はこれらを実際に身につけてサイズを確認します。 警察学校は全寮制ですので、ここから同期生との寮生活がスタートします。

入校式

入校式 入校式
警察官としての第一歩を踏み出します。辞令の交付、服務の宣誓などが行われ、警察官という仕事への責任感と意欲がより一層高まります。この日の感動、決意を胸に警察官人生がスタートします。

スポーツ大会

スポーツ大会 スポーツ大会
気力、体力の充実を図るためのスポーツ大会が実施されます。種目は各種陸上競技種目、綱引きなどで、クラスごと一丸となって取り組みます。日頃の体力練成の成果とクラスの団結力が試される場となります。

室別 皆神山マラソン大会

室別 皆神山マラソン大会 室別 皆神山マラソン大会
皆神山は、警察学校の南東に位置する、標高650m程の山で、第二次大戦末期には松代が大本営・政府・皇室を含む移転の予定地となり、数多くの壕が建設されたことでも有名です。ここを舞台とし、室別にマラソンを行い、仲間との団結を深めるとともに、持久力と共助の精神を養います。同室の仲間が一斉にスタートし、一緒にゴールしなければなりませんので、個々の身体能力以上に仲間との助け合いが大切となるのです。

社会見学

本部執行部隊研修 本部執行部隊研修
交通機動隊、山岳救助隊など、実際の警察各部門に赴き、現場の生の雰囲気を肌で感じ取ります。学生自らの将来の夢や希望が、さらに膨らむのはこの時です。

当番勤務

当番勤務 当番勤務
学生は、交代当番勤務をします。当番勤務には、学校内の警戒や建物内警戒を行います。実際の警察官としての勤務に は、当直勤務がありますから、これらの当番勤務はその予行演習ともいえます。

学校長点検

学校長点検 学校長点検
定期的にグラウンドで、警察手帳やけん銃などの出し入れ動作及び手入れ状況などを確認する、通常点検が実施されます。グラウンドには全ての学生が整列し、点検官である学校長が、携行品をつぶさに点検していきます。学生は、大きなかけ声とともに機敏な動作で対応します。警察官としての誇りと使命感を再認識する一瞬です。

非常招集訓練

非常招集訓練 非常招集訓練
有事は、いつ発生するか分かりません。ひとたび事案が発生すれば、警察官は直ちに招集する場面があります。その時のための訓練として、警察学校でも非常招集訓練が行われます。

年頭出動訓練

年頭出動訓練 年頭出動訓練
1年の初めには「年頭出動訓練」を実施します。学生は、交通機動隊、機動隊、関東管区機動隊、音楽隊等とともにこの訓練に参加します。県知事、県議会議長、御父母など数多くの来賓の方が見守る中、部隊行進、テロ対策訓練などを実施し、警察学校での訓練の成果を披露します。

武道大会(寒稽古納会)

武道大会(寒稽古納会) 武道大会(寒稽古納会)
日頃の術科技能訓練の成果を示す場として武道大会が開催されます。勝つことが大切なのではなく、自分のもてる力をすべて出し切ることが大切です。こうした訓練が力強い執行力を生むのです。

卒業式

卒業式 卒業式
同期の仲間と励ましあい、体力・知力・そして気力といった、すべての面から自分を鍛えてきた学校生活から、いよいよ警察官として最前線へはばたいていく瞬間です。学校生活で温めてきた様々な思い出を思い返し、教官や仲間と肩をたたきあう、感動の瞬間です。

赴任

赴任 赴任
警察学校を卒業すると、各警察署の地域課に配属され、「交番のお巡りさん」として現場の第一歩を踏み出します。その後は本人の希望や適性に応じて刑事課や生活安全課、交通機動隊などの勤務になります。

ページトップへ